Top -> スペースリー ニュース一覧 -> 総額1億円の資金調達、蓄積データを活用するVRxAIの開発拠点としてSpacely Lab設立



Release


総額1億円の資金調達、蓄積データを活用するVRxAIの開発拠点としてSpacely Lab設立


総額1億円の資金調達、蓄積データを活用するVRxAIの開発拠点としてSpacely Lab設立
▲写真左より:DBJキャピタル河合氏、当社エンジニア葦名、当社代表森田、当社取締役中嶋、DraperNexus倉林氏


どこでもかんたんVRのクラウドソフト「スペースリー」(Spacely、旧名:3D Stylee)を運営する株式会社スペースリー(旧名:株式会社エフマイナー、本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:森田博和)は、Draper Nexus Venture Partners(カリフォルニア州サン・マテオ、マネージングディレクター:倉林陽)、Archetype Ventures (所在地:東京都港区、Partner:福井俊平)、DBJキャピタル株式会社(所在地:東京都千代田区 代表取締役:鹿島 文行)、事業会社を引受先とする総額約1億円の第三者割当増資を実施したことをお知らせいたします。

また、利用によって蓄積したデータの活用や画像解析などに関わる研究開発を推進するためにSpacely Lab(スペースリーラボ)を設立します。

Spacely Lab(スペースリーラボ)では開発環境の整備が進められている
▲Spacely Lab(スペースリーラボ)では開発環境の整備が進められている

360度VRコンテンツを直感的な操作で制作できるスペースリーは、2016年11月のサービス開始以降、使いやすさ、VRコンテンツの品質、リーズナブルな価格が支持され、不動産業界を中心に事業者ユーザー数は650を突破し、多くの事業者に利用されるサービスに成長してきました。

また、不動産物件管理の基幹ソフトウェアとの連携や、ハウスメーカーや施工会社に多く利用される3D CAD ソフトウェアとの連携、東京都防災事業への採択(詳しくはこちら>)など、多くの事業提携や旅行分野をはじめとした新たな分野への拡大が進みました。

家具が無い360度パノラマ画像を土台にしたホームステージングのサンプル
▲家具が無い360度パノラマ画像を土台にしたホームステージングのサンプル

今回調達した資金によって、開発体制の増強、認知度向上と営業及び顧客サポート体制の強化を図ります。特に、利用の拡大とともに蓄積した行動データや画像データなどを活用したサービス開発を推進します。このため、VR分野におけるAIの実用化を推進するための施設として、Spacely Lab(スペースリーラボ)を設立します。

引き続き、より多くの利用事業者が効果を実感できる360度VRのクラウドソフトウェアとして、さらなるサービス強化を図り、360度VRが日々の当たり前となることを目指して邁進してまいります。

スペースリー TOPへ>



過去のニュースの一覧ページへ>



2018年4月10日

本プレスに関する問い合わせ先
株式会社スペースリー
中嶋
050-5216-5201
info@spacely.co.jp