Top -> スペースリー ニュース一覧 -> スペースリーサービス提供開始



Release


VR コンテンツを自動作成し、編集、管理ができるクラウドソフト「スペースリー」の提供開始
個人向けには無料、不動産等事業者向けにはより高機能な有料プランを月額3,980円で提供
スペースリー のAPI を利用したウェディング業界向けサービスも同時に開始


スペースリー開始

株式会社エフマイナー(本社:東京渋谷区恵比寿西1-33-3 #110)は、2016 年11 月2 日より、360度全天球画像を処理しVR にも対応したウェブコンテンツを自動作成し、編集、管理ができるクラウドソフト「スペースリー」の提供を開始しました。スペースリー は、マニュアルがなくても誰もが簡単に使えるプロダクトを開発コンセプトにしています。市販の360度全天球カメラで撮影した画像等をサイト上でアップロードし、直感的な操作で高品質なVR コンテンツの作成、編集、管理ができます。撮影準備から10 分以内で高品質なコンテンツの作成が可能です。



スペースリー 提供開始の背景:

360 度全天球画像や動画を簡単に撮影するためのデバイスは、RICOH THETA S、SAMSUNG Gear 360、ニコンのKeyMission360 など、様々な商品が市販されており、今後新たなカテゴリーとして大きく成長していくことが見込まれています。一方、撮影後のコンテンツの編集、共有や管理をするためには、デバイスの専用アプリや、高価で複雑なソフトなどを利用する必要があります。このような背景を踏まえ、スペースリー は様々な360度全天球カメラに対応し、目的に応じたコンテンツ作成、編集、管理ができる、誰もが簡単に使えるクラウドソフトとして、サービス提供を開始しました。


スペースリーの特徴:

1)コンテンツの質の高さ
滑らかな動きや、360度全天球画像の歪みの無さ、VRモードではVRヘッドセットとなるグーグルカードボードVer.2のスペックに最適化された画像処理など、高品質なコンテンツを自動作成します。

2)使い勝手の良さ
直感的な操作でコンテンツの作成、編集、管理が可能です。閲覧のためにアプリは必要なく、あらゆるデバイスのウェブブラウザで再生可能であり、自社サイトへの埋め込みも簡単です。

3)リーズナブルな利用料金
個人の無料版から、追加機能が利用できる有料プラン(ベーシックプラン)でも月々3,980円から利用でき、最大400枚の360度全天球画像を管理できます。最大限利用すると、1つのシーン(360度全天球画像)あたりの利用料が月額10円となるリーズナブルな価格設定となっています。
プラン詳細はこちら>

テスト版での実績:

スペースリーは2016年夏頃から事業者向けにテスト版の利用を開始し、数十社でのテスト利用がなされ、既に約20社以上での有料利用が開始されています。不動産やリノベーション事業者、小売店舗、アートギャラリーなど幅広い業種において、様々な場面で利用されています。
事業者の利用事例はこちら>


APIを活用したウェディング業界向けサービスも同時開始:

また、本サービスの開始と合わせ、全国のホテル・式場約1,000社へと事業展開をしている株式会社ワールドサービス(本社:大阪府泉佐野市)と協力し、スペースリーのAPIを活用した、ホテルやウェディング業界向けのニーズに対応したサービス「WSG VR for wedding (https://wsg-vr.com)」の運用を開始します。

今後は、360度全天球動画のメニュー追加をはじめとした新たな機能の開発、拡充を進めると同時に、設計施工管理、飲食業、観光関連など様々な分野での利用方法の提案や、スペースリーのAPIの展開を通じ、360度画像・動画の新たなオンラインプラットフォームとしてスペースリー を普及させていくことを目指していきます。



スペースリー TOPへ>

2016年11月2日

本プレスに関する問い合わせ先
株式会社スペースリー
中嶋
050-5216-5201
info@spacely.co.jp